遺言の方式について

自筆証書遺言と公正証書遺言の違いは何ですか?

自筆証書遺言は、遺言者が、紙に、自ら、遺言の内容の全文を書き、かつ、日付、氏名を書いて、署名の下に押印することにより作成する遺言です。公正証書遺言は、遺言者が、公証人の面前で、遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人が、遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。
どちらもメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
自筆証書遺言 ・費用があまりかからない。
・いつでも思い立ったときに書ける。
・全てを自書する必要がある。
・法律的、形式的に見て不備のある内容になったり、無効になる危険がある。
・検認手続が必要。
・破棄、隠匿、改ざんの危険がある。
公正証書遺言 ・無効になるおそれがない。
・検認が不要。
・破棄、隠匿や改ざんのおそれがない。
・費用がかかる
・証人が必要

公正証書遺言にしたいです。

ご自分で公証役場にご連絡して作成することも可能です。言の葉で原案を作成し、相続人の戸籍謄本や不動産の登記簿謄本等を収集し、公証役場までお問い合わせください。
専門家の協力を受けることも可能です。遺言書の原案作成、公証人との連絡、戸籍謄本等の収集、証人の手配等一切を依頼することができます。専門家までお問い合わせください。